淋病の強い感染力

淋病の感染率と感染力について説明しますと、感染率は非常に高いと言われており、感染者との1回の性交渉で30パーセントくらいの確率で感染すると言われています。思ったよりも高い確立で感染するのです。この点については、エイズなどとは異なります。

 

また、免疫力が低下している人は、更に感染率が上がると言われていますし、体調が良くないときや性器周辺に傷があるということも、感染率を上げてしまう要因のひとつと言われています。そして、淋病の感染力は非常に強いと言われていて、HIVウィルスやクラミジアなどの感染力と比べても、淋病の方がかなり感染力が強いようです。淋菌の検査を受けて、感染拡大を予防しましょう。

 

それに女性よりも男性の方が感染しやすいようで、実際に男性の感染者数の方が多いのですが、これは女性に自覚症状が無いため、淋病にかかっていないと思っている女性が多いからと言われています。こうした淋病の感染率と感染力を覚えておくことで、性交渉の時に気を付けるようになると考えられますので、知らない人がいたら淋病の感染率と感染力について教えてあげてください。やはり、淋病の検査を定期的に受けるのがいいでしょう。